幼児知能教育センター
contents
HOME
お知らせ
知能教育とは
教室概要
入室案内

教室概要

知能教育
「知識の多い子」=「賢い子」なのでしょうか。確かに優れているのには違いないでしょうが、知能教育では「認知・記憶」の面で優れているのにとどまり、それをどう生かすのかが課題となります。「計算はできても文章題はさっぱり」というのもよく聞く話です。また、自分で物事を正しく判断できず、すぐに人を頼ったり、指示されないとできない、というのも最近の子どもに多いことです。進学塾に通い、ようやく合格した私立中学も、入学後は自ら考え、行動できなければ、授業についていけなくなるのも、時間の問題となります。

知能教育をおこなう知能教室では、適切な刺激を与えることにより、思考力を高め、バランスのとれた発達を促します。そして自分の頭で考える力、幅広い思考力を身につけていきます。


幼稚舎
幼児期の3年間は、人間の基礎を造る上で、最も大切な時期です。『幼稚舎』では一人ひとりの性格や能力に合わせた指導を行い、あそびや生活を通しての育成の中で、バランスのとれた刺激を与え、能力の開発・持続力・集中力を養います。また、自然とのふれあい、集団の中でのふれあいを通し、社会性・協調性・自分を見失わない集中力を育てます。

1日のカリキュラムの中には、『知能教育』が含まれています。導入から発展まで時間にゆとりを持って行うことができ、深くそして強く刺激を与えることができます。これを毎日おこなうことにより、効果的に能力を引き出すことが可能となります。

1クラスは7名以下ですので、指導者の日が格段に行き届きます。従って生活指導、しつけ等も充実しております。少人数でしっかりとした教育をお望みされる方には特にお勧めいたします。


算数教室

「算数」を『知能教育』の延長として捉え、算数の面白さを感じ取り、基礎を学ぶとともに、自ら学ぶ姿勢を併せて養います。一人ひとりの能力に応じた進度で進める個別指導のため、自分のぺースで考えられます。

(1) 『算数教室』/学年別で60〜80分の指導です。
(2) 『算数あそび教室』/数字や図形を扱う楽しさを知り、算数初期の能力を育てていきます。知能教室に引き続き、30分間の指導です。


国語教室

知能因子の1つである『概念』の発展的教科である「国語」。活字離れの進む昨今、学校の授業以外で定期的に文章に慣れ親しむとともに、「文章理解」を求め、「記述カ」を養います。

(1) 『国語教室』/当該学年の教材を扱い、その学年に必要な力を身につけます。算数教室に引き続き、30分間の指導です。
(2) 『国語教室α』/学年枠をはずし、文章の読み書きの習得のみに焦点を絞った教材を扱います。段階的に進めて行くため、読み書きが自然に身につき、基礎から受験までカバーできます。

算数教室・国語教室とも、少人数(7名以下)で、かつ一斉指導を行わず個々のペ−スで進めるため、無理なく、また落ち着いて学習できます。


その他

【教育評価】
学期末毎に、保護者の方と個人懇談を行います。また、必要があればいつでもご相談に応じます。
【補習指導】
欠席数に応じ、学期末毎に補習指導を行います。
【知能診断】(対象:3才児〜小学2年)
知能教育の効果を判定するために、年度末に知能診断を行います。