幼児知能教育センター
contents
HOME
お知らせ
知能教育とは
教室概要
入室案内

お知らせ

2016.05.20 小満 & 宇宙の話
小満…万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧より)

 

 今年も既に沖縄地方は梅雨入りしたとのことですが、この地方では、しばらくは穏やかな気候が続きそうですね(そう願いたい!)。連休明けこそ、暑さもあり、子どもたちは少々疲れ気味の様子でしたが、既に普段の生活に戻ったようで、元気よく学んでいます。これから夏休みまでは祝日もなく、梅雨の季節もやってきます。いつも述べていることですが、体調管理だけはしっかりと!

 

 さて、先日のお話。富士山の標高「3776」に単位をつける問題で、「q」をつけてしまったA君。日本一の高さと言う概念から、一番大きい単位qを選んでしまいました。よく見かける間違いです。世界一のエベレストでさえ8848m、すなわち9q弱しかなく、3776qなら宇宙に出てしまう(NASAでは高度100qを超えると宇宙空間と定義しているそうです)ことを伝えると、本人は驚きを隠せませんでした。その流れで、A君が「スペースシャトルではなく、エレベーターで宇宙へ行けたらいいね」と話すので、「実際にそのような構想・研究は始まっているよ」と伝えると、夢が現実になることに再度驚き、そして目を輝かしていました。大手ゼネコンの大林組が2012年に発表したものによると、完成は2050年と、まだ30年以上も先の話ではありますが、A君の夢・希望には明かりが灯ったようです。

 子どもの知識を得て驚く瞬間、興味を持つ瞬間って、見ていて嬉しいものですね。

2016.03.29 水道山の桜

 先日、名古屋に続き、岐阜でも桜の開花が発表されましたが、当センターから見える水道山でも桜の花が咲き出しました。ここ数日は気温が20℃前後になりそうなので、満開も間近かと。

 以前は登山道(遊歩道)に沿って桜のラインがみえましたが、最近は桜の樹勢が衰えたのか、もしくは周囲の木が成長したためか、所々にしか桜が見えないのが残念ですね。

2016.02.19 雨水

陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧より)

 

 三寒四温の名の通り、寒くなったり暖かくなったりと言う気候が続いています。前日との気温差が10度もあることがあり、体調の管理に気を付けなければなりませんね。地方によってはインフルエンザ流行の兆しも見え、加えてそろそろ花粉も飛ぶ季節・・・。中高の受験はほぼ終了しましたが、これから国公立大学の二次試験を迎えます。何かと大変な季節ですが、自分の力を十分に発揮できるよう、心身ともに鍛錬して下さい!

2016.01.06 小寒

小寒…冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故、益々冷ゆる也(暦便覧より)

 

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 

 

 本日は「寒の入り」(節分までが「寒」)で、これから本格的な寒さがやって来るというわけですが、今冬は現在のところ暖冬。しかし、週後半からは寒くなるとのこと!うがい・手洗いをしっかりとおこなって下さいね。そして、体調を整え、普段の生活に戻して新学期を迎えましょう。

 

 さて、今年度は例年より早く、1月4日より指導を開始しております。お間違えの無きよう、お越しくださいませ。

清明 & 交差点での出来事

清明…万物発して清浄明潔(しょうじょうめいけつ)なれば、此芽は何の草と知るる也(暦便覧より)

 

 

 昨日、とある交差点で信号待ちをしていると、男の子を抱いて横断歩道を渡るお母さんがいらっしゃいました。視界に入っていた程度で特に気にはしていませんでしたが、横断歩道を渡り終える直前に男の子が「赤!信号、赤!お母さん、赤でもいいの?」と声をあげたのです。私も気づかなかったのですが、確かにこの親子が渡る信号は赤、もっとも渡る途中で赤に変わったのかも知れません。男の子の質問に対し、お母さんは説明を始めましたが、少し離れており内容まではよく聞き取れず、加えて自分の進む信号が青に変わったため、結末はわかりませんでした。

 さて、あの後、お母さんはどのように男の子に対し説明したのでしょうか?男の子がきちんと納得できる説明をしてくれていれば良いのですが…。小さな交差点での出来事でしたが、お母さんが小走りでもしていれば、多少は状況も違っていたでしょう。赤でも気にしない日常なのでしょうね。

 

 日々、通勤の途中で見ていると、交差点で赤信号を無視して渡っている方は、高校生もいますが(高校生はむしろ信号のない交差点を渡る姿をよく見かけます。信号無視は良くないと言う気持ちの現れ?)、圧倒的に大人が多いですね。小中学生はきちんと守っています。中には子どもを自転車に乗せて、また、手を引いて赤信号を渡る方も。子どもはしっかりと見ています。色々と事情はあるのでしょうが、せめて子どもの前では手本となるべく、慎ましく振る舞っていただきたいものですね。それが自分の子どもでなくとも、社会のために!

新年度スタート

 新年度を迎え、新たなスタートを切った方も多くいらっしゃると思います。

 当センターも4月2日より新年度をスタートしております。新学年に伴い、コース・指導時間等の変更もありますので、お確かめの上、お越しくださいませ。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |